ハチドリ?

IMG_2126_3.jpg
 自宅庭のキンカンの花に、ホバーリングしながら蜜を吸っている ハチドリ(?)と思う飛ぶものを見つけ、急いでカメラを取ってきました。向こうも警戒して、なかなかカメラの前に現われませんが、ようやく撮れた1枚です。写真、ピントが甘いですが・・・・・・。早速ネットで調べて見ましたら、ハチドリではなくこれはホシホウジャクという蛾の仲間でした。(残念!) でも、初めて見ました。 

 ホシホウジャク(星蜂雀)チョウ目。北海道から沖縄まで日本全国に分布し、大きさ40~50㎜。活動期7月~11月。茶色っぽく後翅のイエローが目立つスズメガの仲間。腹部には白い帯がある。昼間に飛び回り、ホウセンカ、フリツネソウ等の花でホバーリングしながら蜜を吸う。胴体が太く素早く羽ばたくので蜂のように見える。住宅周辺でも見られる普通種。幼虫はヘクソカズラの葉を食べる。とあります。

はちどり3.jpg
はちどり2.jpg
 一方、本物のハチドリの写真です。(ネット検索し拝借)
 広辞苑によると、はちどり(蜂鳥) アマツバメ目ハチドリ科の鳥の総称。一般に小さく最小は体調約6cm雄は鮮やかな赤・緑・青・褐色などで金属光沢がある。飛翔力が強く空中で静止・後退ができ花の蜜を吸い、また小昆虫を捕食。(一部略)中南米に分布。300種余。とあります。やはり蛾とは違って本物はきれいですね。写真のピントもぴったり合ってます。恐れ入りました。

 

この記事へのコメント