与太郎小話 酒粕

IMG_0961_1.jpg
 酒粕がスーパー等で目につくようになりました。
 ネタ切れとなり、与太郎小噺を披露します。

 チョットおめでたい与太郎が赤い顔をして、フラフラ歩いています。
「オイ、与太 赤い顔してどうした。風邪でも引いたかい?」
「ああ、源さん おいらさっき 酒粕を食ったんだ」「いい若けぇ者が酒粕を食うなんぞ みっともねえやな。そういう時はな、酒を飲んだと言うんだ!」「ああいい事聞いちゃった」

「半さん、半さん おいら、顏赤くねえかい? 酒飲んだんだ」「酒? で、どの位飲んだんだ」
「この位の塊2つ」「なんだ、酒粕食らったな! そういう時はな、湯呑で2杯ほどひっかけたとそう言うんだ。でないと直ぐに ばれちまうぞ」

「おばさん、おばさん おいらね、酒飲んだんだ」「おや、おや、子供だ子供だと思っていたが、そういう歳になったのかい? で、どの位飲んだんだい?」「この位の湯呑で2杯」
「与太や、ヒヤは体に毒だよ。お燗して飲んだかい?」
「ううん、焼いて食った」
 
 酒粕、私もアルミホイルに包んで、石油ストーブで焼いて時々食べています。栄養価も高く、風邪の予防にもなるそうです。冬は日本酒もいいですね。酒粕もいろいろの酒蔵から出ていますが、味も微妙に違うようです。

この記事へのコメント