第32回「平和の日」延岡の集い に行ってきました

IMG_1036.JPG
 3月5日(土)日本ペンクラブ主催 第32回「平和の日」延岡の集い に参加しました。写真は開演前のステージです。
IMG_1035.JPG
 当日は、12時開場、13時開演でしたが、11時過ぎには約100名ほどの行列が出来ました。この集いは2000名超の応募があったそうで、先着1300名入場OKで早めに申し込んだ私も勿論OKでした。
IMG_1040.JPG
 写真は、開演前 宮崎県の民謡などをピアノ演奏する 森ミドリ氏。

テーマ:平和の日に想う 子ども・いのち・神話・自由。
出 演:澤地久江 VS 加賀乙彦、新井 満 VS 吉岡 忍、花田景子 VS 中西 進
      浅田次郎 VS 山本晋也  司会:森ミドリ他 の皆さんでした。
3月3日は平和の日だそうです。上記組み合わせで夫々が実体験に基づいて40分間ほどの対談形式で会は進行しました。戦前・戦中・戦後の苦しい子供時代から現代までをテーマに沿って、平和の尊さを作家にふさわしい表現で話しをされ、当代一流の方々の話しに感動し、誠にいい勉強になりましたが、敢えて言えば今の時世を考えてもう少し平和への強いメッセージを発信して欲しかったと感じました。新井 満氏は、「千の風になって」の作詞・作曲の動機並びに生歌の披露もあり、「いのち」のテーマに花を添えました。
IMG_1034.JPG
 会場ロビーにて出演者の方々のサイン入り本も販売されていました。
本番中は撮影禁止でしたので残念ながら対談中の写真はありません。終了時刻は16時40分を過ぎていました。

この記事へのコメント