福祉もちつき大会

IMG_1420.JPG
 12/25(日)福祉もちつき大会が「まちづくりセンター」であり、私は青少年登山ボランティアの会員としての参加です。昨年は都合で実施されなかったのですが、今年は予定通り行われ、高校生(延高)や各ボランティア団体からと、それに個人の参加等大勢の人で賑わいました。孫にもちつきの体験させたくて参加した人も何人かいました。子どもはすぐ慣れて上手に丸めていました。
IMG_1432.JPGIMG_1424.JPG
IMG_1430.JPG
IMG_1431.JPG
 














 もち米を蒸す人、撞く人、丸める人、ぞれぞれ役割を担って手際よくこなして行きます。高校生は、撞く側り回り、最初はへっぴり腰でおぼつかない感じでしたが、慣れるにつれサマになってきました。
私は、最初杵を握って撞いてみるも後日の筋肉痛の事を考え、丸めるほうに。撞く餅米は300kgとの事で皆頑張っています。餅は1パック5個入りで300円で販売です。もち米は寄付が大半とのことでした。皆さん偉いですね。
IMG_1434.JPG
 昼には、北川町の有志による「鹿なべ」がふるまわれ、骨付きの鹿肉が大根と絶妙なコラボを醸していて非常に美味しかったですよ。大根おろしで食べる撞きたての餅も・・・・・。
 毎年の事とは言え、器材、もち米、人員等の手配から実施まで裏方さんのご苦労は大変だっただろうと感じました。今年最後のボランティア活動でした。


この記事へのコメント